漆喰が劣化し剥がれていたので、新しく漆喰を入れました。

  1. トップページ
  2. 漆喰が劣化し剥がれていたので、新しく漆喰を入れました。

漆喰が劣化し剥がれていたので、新しく漆喰を入れました。

2018.02.3

今回は羽島市のお宅で、瓦ズレを元に戻し、瓦がズレないように
瓦止めの工事と新しく漆喰を入れる工事をしました。

当日は、前日の雪によりかなり北側に雪が残っていました。
この時期は霜が降りたりして、朝は屋根が濡れているため、注意して作業しています。

今回は、屋根の漆喰劣化ボロボロになっており、土が見えている状態でした。

  

これにより中にある土が流れてしまい、瓦ズレが起きていました。
このままだと雨漏れする可能性があったため、今回工事をさせて頂きました。

お客様に聞いたところ、かなりの年数が経っていて、家の手入れをしていないとのことでした。
気づかないうちに家の劣化は進んでいます。
大事になる前に少しずつ補修をすると、少ない費用で済みます。
いつ手入れをしたらいいかわからないと言う人のために、当社で無料の点検を行っていますので是非、ご活用ください。

今回は、先に漆喰を施工していきます。
そのままだと新しく漆喰を塗っても効果が薄いので、古い漆喰を撤去していきます。
それから、新しく漆喰を入れていきます。
しっかり奥まで押し込み、厚さも均等にして、あまり入れすぎないようにします。
漆喰の強度をあげるために、漆喰をつなげて入れていきます。これで、漆喰は完成です。

次に瓦ズレを直していきます。
完全には元には戻らないので、元に戻るところまで手で戻していきます。
それから、瓦ズレを起こさないように瓦止めをしていきます。
瓦止めは全て止めてしまうと中の湿気が抜けなくなり、水の流れる場所を止めてしまうと、
逆に雨漏りする可能性があるので、瓦の一部を止めていきます。
これで瓦止めの工事も完成です。

  

工事が終わってから、お客様に綺麗になったと喜んで頂けました。
当社はお客様に喜んで頂けるようしっかりとした施工を心掛けています。

お気軽にご相談下さい!

お問い合わせ先

屋根工事メニュー

外壁工事メニュー

取り扱いメーカー