多治見市にて漆喰が黒く変色して劣化していたため、漆喰の工事をしました。

  1. トップページ
  2. 多治見市にて漆喰が黒く変色して劣化していたため、漆喰の工事をしました。

多治見市にて漆喰が黒く変色して劣化していたため、漆喰の工事をしました。

2018.02.4


今回は多治見市のお宅で、洋瓦の漆喰工事を施工しました。

このお宅は、築20年以上経っていて、漆喰が黒く変色しており、さらに漆喰が剥がれていて土がところどころ見えている状態でした。


  


お客様も、漆喰が落ちてきたりして気付いていたそうです。


和瓦は昔ながらの日本の家というイメージに対して、近年、洋式の家が増えているため、家のデザインに合った瓦を洋瓦なら選ぶことができます。
しかし、瓦は重量が重いと言うこともあり、瓦ズレを起こす可能性や漆喰が年数が経つにつれて劣化してしまうため、
定期的なメンテナンスは欠かすことができません。


今回は、洋瓦の漆喰を施工するのですが、洋瓦の棟は中に木が入っていてその次に土が入っていて漆喰で塞いであるのですが、
和瓦と違い中の土も全て撤去していきます。

そうすると、木だけになります。





洋瓦の場合は、シルガードを使います。
シルガードは漆喰にシリコンを混ぜたものになります。
和瓦の時は土をせき止めるために漆喰を使うのですが先ほど土をとってしまったので木に直接くっつけなければならないためシルガードで施工します。


仕上がりはこのようになります。



  


その上に瓦をかぶせていきます。
そして雨水が、入らないよう、コーキングをして完成です。
株式会社 甍では見積もりも無料で行っておりますのでお気軽にご連絡下さい。

お気軽にご相談下さい!

お問い合わせ先

屋根工事メニュー

外壁工事メニュー

取り扱いメーカー