いつするの?適切なタイミングで屋根のメンテナンスを!セメント瓦編

  1. トップページ
  2. いつするの?適切なタイミングで屋根のメンテナンスを!セメント瓦編

いつするの?適切なタイミングで屋根のメンテナンスを!セメント瓦編

2018.04.9

こんにちは!
前回の記事で粘土瓦について書きましたので、
今日はセメント瓦メンテナンス時期の目安をお伝えします!

 

セメント瓦は、セメントを混ぜて成形したもので、厚型スレートコンクリート瓦とも呼ばれています。
洋風にも和風にも合うのでよく使われています。
粘土瓦に比べて、色々な色があるのが特徴です。



また、セメント瓦は割れやすい性質を持っていますので、小さな衝撃でも割れてしまいます。
表面の塗装が落ちるとセメントが風化し、ひび割れなどが起きやすくなるため、
耐久性を保つためにも、塗装の目安10年ほどです。
表面がザラザラの骨材が現れたら、もろく少しの力で割れてしまいます。
塗膜が剥がれ骨材が出てくる前に塗装して下さい。

しかし、年数や状態によっては、塗装が難しい場合もあります。
葺き替え30~40年で行うのが一般的です。
重ね葺きが出来ないため、葺き替え行工事になります。

次は、スレート屋根のメンテナンス時期についてです!


お気軽にご相談下さい!

お問い合わせ先

屋根工事メニュー

外壁工事メニュー

取り扱いメーカー